ドレス選び

【オーダードレス】アトリエアンでのウェディングドレス見積り公開!気になる料金は?!

アトリエアンではウェディングドレスを試着し、一番気に入ったピアニッシモで見積書を作ってもらうことにしました。

この記事では、実際の見積書とオーダードレスの料金体系についてご紹介していきます!

 

↓アトリエアンのドレス試着についてはこちら

アトリエアンのウェディングドレス ルミエール
【オーダードレス】アトリエアンでのウェディングドレス着レポ | パルム, フローレンス, ルミエールオーダードレスのアトリエアンを訪問し、ドレスをいくつか試着させてもらいました! ↓アトリエアンのお店については以下の記事で紹介していま...
アトリエアンのウェディングドレス ピアニッシモ
【オーダードレス】アトリエアンでのウェディングドレス着レポ | オペラ, ピアニッシモ前回の記事に引き続き、アトリエアンで試着したドレスをご紹介します! ↓アトリエアンのお店についてはこちらで https:...

 

アトリエアンのウェディングドレス、ピアニッシモのオーダー見積書

まずは早速見積書を公開しちゃいます。

気になる料金は…税込432,648円でした!

え、高い?と思った方、ご安心ください。

これはめちゃめちゃカスタマイズしているので、その分お値段が跳ね上がっています。

私の場合、挙式や写真撮影のときはトレーンを長く、披露宴や二次会では動きやすくなるようにトレーンを短くしたいという希望をしました。

なので、ベースのドレスはトレーンを短めに作り、その上から取り外し可能な長いトレーンを付けるというデザインで見積りしてもらいました。

もっとシンプルな内容であればもう少しお手頃な価格でオーダーできます。

 


アトリエアンの見積書の詳細

それでは見積内容について詳しく見ていきます。

ドレス本体の257,400円について

まずベースとなるドレスの価格は、ピアニッシモだと198,000円です。

これに私は以下のデザイン変更を希望しました。

・トレーンを短くする

・ロールカラーをつける

ロールカラーはこんな感じで、刺繍が入っていてゴージャスです!他のパターンもあるそう。

デザイン変更は、ベースとなるドレスの価格の30%分加算されます。

今回、デザイン変更料は198,000円の30%なので59,400円。

したがって、ドレス本体の価格は

ベースの価格 + デザイン変更料 = 198,000 + 59,400 = 257,400円

となりました。

ドレス本体にかかる料金としてはデザイン変更の他に、ドレスのジャストサイズオーダーというプランがあります。

これは5号~19号以外のサイズの場合にベースとなるドレスの価格の30%分加算されるものです。

また、デザイン変更とジャストサイズオーダーを併用すると、オーダー料金の合計はドレスの価格プラス50%になるそうです。10%分のサービスになるということですね。

 

トレーンの70,000円について

上でも記載したとおり、私は長いトレーンを取り外し可能なものにしてもらうという想定で、その料金分が70,000円プラスで計上されています。

トレーンは3メートルの想定ですが、もっと長く・短くした場合の金額は確認できていないです。

もちろんトレーンの取り外しがいらない方は不要な項目です。

 

ベールの35,800円について

私はベールもトレーンと合わせて長くしたいので、ロングベールを選び、お値段35,800円でした。

ネットではこのようにもっと安く買えるとは思いますが…

 

確かな品質で、ベールの色やレースのデザインをドレスとぴったりに作ってもらえると考えれば、3万円ちょっとかける価値はあるかなと思います。

ちなみにベールを別で買う場合はもちろんかからない金額です。

 

手袋の4,800円について

手袋は単体で探したことはないので、普通どれくらいの金額なのかわかりませんが、4,800円はちょっと高いですよねー。

ネットだと正直もっと安く買えますよね。

 

余談ですが手袋は意外と引っかかりやすい素材なので、取り扱い注意です。私は当日まで袋から一度も出しませんでした。笑

メルカリなどでお譲り品を考えている方も、状態はよく確認したほうがいいです。

 

パニエの12,800円について

レンタルだと特に気にしていなかったのですが、オーダーで作る場合はパニエも購入する必要があります。

特にプリンセスラインのドレスでは、ボリュームを綺麗に保つために、パニエは重要な役割を果たします。

12,800円なので意外とお値段するなあと思いますが、せっかくオーダードレスを作るのなら、ドレスと同じところでパニエもお願いすることをおすすめします。

 

丈調節代19,800円とお直し代について

丈調節代は、ドレスを作成する前から、ベースとなるドレスの丈の調節が必要とわかっている場合にかかる料金です。

例えば、小柄で通常の長さでは胴長に見えてしまう…という場合にボディ部分の長さをぴったりに作ってもらうことが可能です。

私の場合は身長が162cmですが、どうしても最低6cm程のヒールが履きたかったのです。昔からヒール靴が大好きなので…

でもこれにはスカート丈の調節が必要みたいで、その分の代金が計上されていました。

ドレスが出来上がった後に調整するためのお直し代は、これとは別で1~2万円かかるので注意が必要です。

 

その他

以上までに紹介した項目が、見積りに含まれている金額でした。

これ以外にも、ドレスが出来上がった後のお直し代が必要に応じてかかります。

また、インナーはアトリエアンでお願いすると19,800円ですが、どんなものか確認できていないので、必要な場合はスタッフの方に相談してみてください。

インナーもネットで探してみるとお安く買えますよね。

 

アトリエアンでウェディングドレスをオーダーする場合の現実的な料金は?

今回の見積りではかなりアレンジを加えていたので、40万円超えと結構なお値段になってしまいました。

しかし、個人的に最低限必要になりそうなものだけ計算すると、以下の通りになりました。

ドレス本体 & アレンジ料金 257,400
ロングベール 35,800
パニエ 12,800
丈調節代 19,800
合計(税別) 325,800円

 

せっかくのオーダードレスだし、アレンジ料金はゆずれない。。

ベールとパニエはドレスとぴったりのものを選びたい。。

と考えると、税別で325,800円。

もちろんインナーや手袋は別で調達する必要があります。

でもでも、ドレスだけだとしても30万円を少し超えるくらいなら思ったよりも安いんじゃないでしょうか?

タカミブライダルでドレスをレンタルすると、ドレス単品だけで35万円前後しますからね。もちろんセットプランで単純には比較しづらいのですが…

 

アトリエアンを訪問してみた感想

良かったところ

ウェスティンホテル東京はもちろん、様々なホテルでの挙式用にドレスを作成している実績があり、安心して任せられると思いました。

花嫁にとって最も大事とも言えるウェディングドレスは、やはり安心できるところにお任せしたいですよね。

サクサク試着できて、見学もスムーズでした。

内容の説明もわかりやすく、押し付ける様子もないので、ゆっくり迷ってオーダーできそうです。

 

残念だったところ

ドレスのデザイン的に、着てみてこれだ!ビビビッ!っとくるものがなかったのです。。

あとはドレス試着の時に付けてくれる花のヘアアクセや、オプションで提案してくれるリボンなど、ところどころに感じるセンスがいまいちでした。

これは完全に好みの問題かな…と思いました。

 

結果的に私は別のショップでオーダーすることとなりましたが、アトリエアンさんはスタッフの方も親切で、ドレスの価格も良心的なので、もし好みのドレスに巡り会えたらおすすめしたいショップだと思います!